全米各州、日本、世界各地よりの企業/個人のニーズを弁護士が日本語にお応えして、米領事館や移民局での移民グリーンカード永住権/非移民ビザ申請代行依頼を承ります。

ログイン (ユーザ登録)

弁護士が日本語でアメリカ永住権(グリーンカード)申請をサポート

米移民法律は連邦法ですので、州を問わず申請依頼をお引き受けします、日本よりのご依頼も承ります。

エンテオ & ツァン 法律事務所
Antao & Chuang, Attorneys at Law

23 年間に渡るサポート理念  賢 & 誠

Attorney
エンテオ弁護士 & ツァン弁護士
Attorney
米国移民法弁護士協会会員  

ニューヨーク事務所:

521 Fifth Avenue, Suite 1700, New York, NY 10175, U.S.A.
電話: (212) 488-6899


全米各州、日本、世界各地よりの企業/個人のニーズを弁護士が日本語でお応えして、米領事館や移民局での移民グリーンカード永住権/非移民ビザ申請代行依頼を承ります。

弁護士と日本語でのお問い合わせはこちらをクリックしてください

在日米国大使館での移民ビザ請願書提出方法の変更について

| |
2007年1月1日より、米国大使館における移民ビザ請願書提(I-130)の郵送提出を中

グリンーカードの保持

米国の移民法は ("グリーンカード" の所持者)が継続してアメリカに居住する意思を決して放棄しないことを要求しているのを知っておくべきである。グリーンカード所有者は他国に居住する意向 を示した途端にグリーンカードを保持する資格を失う。これは、グリーンカード所有者がアメリカを離れるとき、移民局にその人はアメリカに永住する意思を放 棄したと疑われグリーンカードを没収される可能がある。それ故、グリーンカード所持者は絶えず永遠に米国に住む意思をしないことを証明することができるよ うに注意しなければならない。しかし、単に年に数週間米国に帰って来て、グリーンカードを使うのみでは充分ではない。グリーンカード所持者が年に一度米国 に帰って来ていても、グリーンカードを失っている人が大勢いる。(この文書は永住権を保持する資格のない方のためではありません;法的に永住権を保持する 資格のある方のために書いた注意諸事項です)。

再入国許可書

移民局発行再入国許可書見本がこのページにあります

若し、ある期間、外国旅行をする場合、いつ貴殿の永久居住ビザ (グリンーカード)を貴殿の旅券として使えるか、使えないかを知っておくべきである。勿論貴殿はいつ米国再入国の為の有効なパスポートを持っていなくては不可ない。その適応する規則は次の如くである。

EB-3 熟練労働者に依る

このページは熟練労働者の永住権/グリーンカード申請について。

EB-3 専門職業充事者に依る

このページは専門職業充事者の永住権/グリーンカード申請について。

EB-2 格外能力所有者に依る

このページは格外能力所有者の永住権/グリーンカード申請について。

EB-2 高等学位所有者に依る

このページは高等学位所有者の永住権/グリーンカード申請について。

EB-1 マルチーナショナル・エグゼクチーブ /マネージャに依る

アメリカの移民法では、 アメリカにおける会社が海外の親子会社或は関係会社のエグゼクチーブ /マネージャをアメリカの当会社に永久マルチーナショナル・エグゼクチーブ /マネージャとして招聘した場合、その招聘された者に永住権/グリーンカード申請の資格を与えている。この申請は雇用会社がエグゼクチーブ /マネージャに代って申請しなくてはならない。この種類の申請の特長は、「労働許可証」を必要としない。(労働許可証の申請は普通長い期間を費す)。

EB-1 顕著な教授と研究者に依る

この種の永住権/グリーンカード申請はアメリカに終身職或は終身職が考慮される職に就く為、アメリカに入る顕著な教授と研究者に与えるものである。この申請はアメリカの雇用主が代行しなければならない。

US-VISIT

DV 宝くじ永住権抽選

ナビゲーション

Important Notices/Disclaimers

This website located under the world wide web domain "BengoshiBlog.com" ("website"), and any subdomains, are owned, and maintained by Antao & Chuang, Attorneys at Law, whose practice includes U.S. Immigration Law. Since U.S. Immigration Law is federal in nature, Antao & Chuang, Attorneys at Law, serves clients who are located throughout the U.S. and the world in U.S. immigration matters, from their offices located at 521 Fifth Avenue, Suite 1700, New York, N.Y. 10175, USA. Antao & Chuang, Attorneys at Law’s attorneys are licensed attorneys in the states where they practice. However, since said states do not recognize any specialization in U.S. immigration law (attorneys in said states are simply licensed in said states to practice law in general), Antao & Chuang, Attorneys at Law does not claim any such specialization, and nothing on this site should be deemed to constitute any such claim. Antao & Chuang, Attorneys at Law does not claim expertise in the laws of states other than where our attorneys are licensed. This website is an advertisement. This website is provided as a public service and not intended to establish an attorney client relationship. Antao & Chuang, Attorneys at Law does not accept clients on the strength of advertising materials alone but only after following our own engagement procedures. Any reliance on information contained herein is taken at your own risk. The information contained on this site is intended to educate members of the public generally and is not intended to provide solutions to individual problems. Readers are cautioned not to attempt to solve individual problems solely on the basis of information contained herein and are strongly advised to seek competent legal counsel before relying on information on this site. See Terms of Use.